マンション管理士講座の実力診断

マンション管理士の無料講座で気を付けることとは

マンション管理士の資格制度がスタートして早10年以上が過ぎました。その間に、この資格がどれくらい将来性豊かなのか、時間とともにちょくちょく世の中で喧伝されてきたようですね。

「マンション管理士を目指してみたい」そう感じる人も増えたのでしょう。講座の数もいつの間にか増えました。需要が高まれば、供給が増えるのは世の中の自然な摂理ですからね。

ここでは、そんな世の潮流に合わせて誕生したらしい、少し特別な講座について説明したいと思います。「マンション管理士の無料講座」、が最近話題を集めているようですね。

「難しいマンション管理士の受験内容を、無料で提供される講座」……なんて聞いたら、つい夢中になって飛びついてしまうのが、人間の素直な欲求かもしれません。
しかし、「タダより高いものはない」なんてフレーズもありますよね。

無料で利用できる講座がある場合、まず考えられるのは「途中までは無料で、途中からは有料」というパターンでしょう。
これはもちろん、必ずしも悪いものではないでしょう。内容を一部無償で公開して、消費者に直接確かめてもらう……という手法は、あちこちの業界で使われています。

ただし、マンション管理士の場合は今のところ、そうしたやり方で提供されている講座で飛びぬけて高い評価を獲得したものはないようです。無償で一部を提供……といっても、マンション管理士の勉強内容はかなり広く、「一部を無償提供して残りを全部買ってもらう」という手法には限度があるように感じられます。

なお、「全範囲が完全に無料」というパターンも、あってもおかしくはありませんね。しかし、これで気になるのは、「いったいどんな人がつくっているのか?」。マンション管理士の試験指導の専門家であればそのようなことはしないでしょうし、素人がつくっている教材・口座に手を出すのがいい結果になるという保証はありません。

マンション管理士の無料講座をあえて試す場合は、こうした点を踏まえた上で手を伸ばすべきでしょう。