マンション管理士講座の実力診断

マンション管理士の映像を使った講座の違い

マンション管理士の講座は、すっかりメディア教材を用いたタイプが主流になりました。特に映像を用いた講座のシェア率は、とても高い数字になっている様子です。

ところでマンション管理士の映像講座も、よく見ていくと違いがあることがすぐにわかります。
基本的に「DVDを使った映像講座」と「Web通信(ストリーミング系の動画)を使った映像講座」が中心的存在のようですね。少数の例をあげるなら、CD-ROMに映像を詰め込んでいる例もありますが。

それではDVDとWeb動画だったら、どちらを選んだらいいのでしょうか? 
この問いには、唯一無二の正解は存在しません。マンション管理士受講者ひとりひとりの好みもありますし、用意できる環境にも違いがありますからね。

しかし、Web通信には当初から付きまとう課題があることは事実です。それは「通信環境の影響を直で受けること」です。
人それぞれ、利用できるインターネットの通信速度には差があります。安定して高速で利用できる人なら無問題ですが、そうではない人の場合、映像をじゅうぶんに再生できないことがあり得ます。

また、利用者の環境には問題がなくても、映像を配信するマンション管理士通信講座業者のほうに技術上のトラブルが発生したこともありますね。サーバ等の問題が多いのですが、いったんその手のトラブルが起こると、復旧するまで受講者は待っていなければなりません。

確実に安定した再生環境を確保したいなら、DVDのほうが、まだ分があるということになりそうですね。

※DVDの場合、ノートパソコン等を持っていかないと外で見られないという欠点がありますが、
最近のノートパソコンは小型化・軽量化が進んでいますし安価で高性能の品もよく出ています。 また業者によっては、メンバーズサイトの中でDVDの映像を再生できるサービスを取り入れているところも出てきています。