マンション管理士講座の実力診断

マンション管理士と相性ぴったりの「宅建士」

マンション管理士といちばん相性が合う資格といえば、管理業務主任者の名前を持ち出す人が圧倒的に多いでしょう。

では、次点の資格は? そう質問されたら、「マンション管理士と宅地建物取引士はよく合うと思う」といった答えを返す人が業界には多いのではないでしょうか。

宅地建物取引士は、数年前まで「宅地建物取引主任者」という名前でした。士業の仲間入りを果たしたことで、いちだんとステータスが上昇しています。

宅建士は、不動産の売買をする際に立ち会うことができる資格です。宅建士には独占業務がありますが、それは高額になる土地や建物の商取引に間違いが起こらないようにする上で、ひたすら重要です。

宅建士には独占業務があるため、不動産の販売を主業とする法人では出番が多い資格です。法令では現在、5名に1名の割合で宅建資格者を社内に配置させないといけません。不動産業界では、宅建士の取得を従業員に推奨する傾向がありますが、これが宅建のステータスを高める原動力となっています。

実際に宅建士の合格者は、その半分以上が不動産業界への就職を希望しているようです。それ以外は、不動産の取引が発生し得る業界(たとえば金融業界や保険等)でのキャリアを望んでいるようです。転職活動は年齢が上がるとじわじわと不利になっていくものですが、宅建士に合格していると比較的、年を取っていてもチャンスが残るという体験談がありますし、キャリアのために宅建を受けるのは理にかなっています

宅建士はマンション管理士の合格者にとっては第二のチャンスとなる資格だといえます。マンション管理士の仕事そのものに、宅建資格が直接役立つわけではありませんが、不動産業界での飛躍を狙う上ではいろいろな機会をもたらしてくれます。