マンション管理士講座の実力診断

エル・エーのマンション管理士講座(通信)

このページでは、エル・エーのマンション管理士講座の特徴について解説するとともに、実際に講座を受講した受講生や合格者の声も併せて紹介していきたいと思います。

エル・エーのマンション管理士講座も、前のページで紹介したユーキャン同様に、管理業務主任者講座とセットになっていて、全45回の講義によってダブルライセンスの取得を目指します。

カリキュラムは「全体構造期」「徹底攻略期」「直前期」の順で構成され、受講生の理解度に合わせて、段階を踏んだ講義が行われます。また、講義で学んだ知識の定着を図るために、各科目が終了するごとに科目別復習答練を受講することになっており、こうした「講義」と「答練」のサイクルもまた、大栄教育システムのカリキュラムの大きな特徴のひとつになっています。

エル・エーのマンション管理士講座が、ユーキャンのマンション管理士講座ともっとも大きく異なるのは、講義DVDが付くことです。
講義DVDには、いわゆる講義(テキストの進行)だけでなく、答練の解説も含まれていて、その総時間は85時間にも及びます。合格に必要な情報を網羅した、まさに充実の講義DVDと言えるでしょう。

講義DVDの充実具合とは対照的に、教材に関しては「やや物足りない」といった声を聞くことが少なくありません。というのも、エル・エーのマンション管理士講座ではオリジナルの教材ではなく、市販のテキストや問題集を使用しているからです。
もちろん、市販のテキストや問題集の中にも良いものはありますが、せっかく高い受講料を支払うわけですから、その学校のノウハウがぎっしりと詰まったオリジナルの教材で学びたいと思う、受験生の気持ちもわからなくはありません。

<受講生・合格者の声>

●「①DVDでの講義なので時間の融通が利く」「②受講料が格安」「③合格祝賀返金制度がある」の3点が決め手となり、エル・エーのマンション管理士講座を受講することに決めました。コストパフォーマンスの良い通信講座だと思います。

●最初に届いたテキストと問題集を見たときには「最後までできるか」と不安になりましたが、DVD講義を視聴し始めると、どんどん消化していくことができました。やはり講義メディアがあるのとないのとでは全然違いますね。